犯罪などが起きづらいベトナムは安心して貿易ビジネスを行える

SITEMAP

Advancement to Vietnam

POST LIST

ベトナムビジネスは比較的安定する

新入社員

日本がベトナムに貿易事業を持っていき、これを実際に行っていることで利益をしっかりと作り出すことができる、これは素晴らしいことです。このようなベトナムビジネスについては、情勢などによって変わってしまうこともありますが、比較的安定しているとされています。何よりもベトナム自体の環境が良いものとなっており、犯罪などが起きづらいところとなっていますので、安心して貿易ビジネスを行えるようにするメリットがあります。
多くの安定性をもたらしているのは、かつてベトナム戦争を行ったことの影響があります。戦争によって大きな損失を計上したことにより、より安定した国を作ることが求められていて、実際に安定するように国の方針が変わったこともあります。こうして海外からも仕事ができるようになったことは、ベトナムにとってもプラスとなっていることが多いのです。今後こうしたプラスとなることを続けていれば、稼ぐことはかなりできるようになるのです。
安定している状態であれば、貿易ビジネスとしても成功する可能性を持っていると言えます。ベトナムは現在かなり安定しているので、日本の業者がここでビジネスを展開することを考えても、全く不安になるところはありません。

成長しつづける貿易国ベトナム

中国とともに20年間以上成長しつづけているベトナムという国があります。現在では中国の経済が減速傾向にあることから、ベトナムにさらなる注目が集まっています。ベトナムの最大の強みは貿易の好調さにあります。2012年から3年間黒字をキープし、2015年には初の実質GDP7.0%プラスという偉業をなしました。
輸出の7割が外資中心の企業の投資・生産によるもので、最近では携帯電やコンピューター、周辺部品などの伸びが顕著です。それに加え、従来から好調な縫製品や履物、水産物も変わらずの輸出高をほこります。なぜこんなにも貿易が盛んなのか。その秘密は生産コストの低さや輸出先の多様性が挙げられるでしょう。
生産コストが低いため多様な外資系企業が興味をよせ、貿易はうなぎ登りに拡大していきます。さらに、輸出先が多いため、たとえ経済的に傾いている国があったとしても、他の国がカバーしてくれるというメリットがあります。
現状で言うなら、輸出量第3位の中国が調子が悪い分を輸出量第1位の好調なアメリカが補ってくれているのです。この貿易の盛んぶりに合わせ、国内の消費高も大きな伸びをみせています。地下鉄や高速道路の開設で、大型コンドミニアムやショッピングモール、コンビニも次々と建設され、国全体が経済的に潤い始めているのです。つまり今、貿易・消費共に安定感をもつベトナムに世界中の国々が注目し、競い合っているのです。

ベトナム貿易は今が注目すべき時です!

とても急成長しているベトナムは注目すべき貿易相手国になっています。ベトナムのGDP成長率を見ても2016年度は+6.7%と設定していますし、輸出に強い国として整ってきました。これは、政府が自由貿易協定を締結したことで、市場開放政策を推進していることが大きく影響されたとも言えます。周辺諸国と比べても経済が安定していることが分かるため、ベトナム人気は一層高まりつつあります。今後、ベトナム貿易を行う場合、日本からの輸出もも受け入れも多く、日本の最新の技術力を生かした商品など興味ある方や需要もあります。
ベトナムの急成長に伴いインフラ環境がまだ追いついていない部分もあるため、貿易する場合にはこうしたインフラ環境も考慮して行う必要があります。ですが魅力的な貿易相手国としてベトナムは成長していますし、日本からの受け入れも大き、日系企業も増えています。
ベトナムは綿製品や魚介類の輸出が多く、電気電子製品の工場なども多々あるため、多くの企業が進出しています。また物価もさほど高くないですし、住みやすいので人気国です。履き物類の輸出も多く、工場が密集している地域もあるため、最近は公害対策なども必要性を重視している現状があります。

TOP